福岡空港 2006年冬&春


2006年9月30日にラストフライトを迎えるまでの残り1年、YS-11は、現在整備拠点を鹿児島に、運航拠点を実質上福岡に置いて運航されていました。2005年11月にJA8763が退役した後、残る4機のYS-11は、2機が福岡をベースに、1機が鹿児島をベースにフライト、残る1機は予備機として鹿児島空港で翼を休める、というスケジュールで運航されていました。2006年3月中は午前中2便、午後2便、夕方1便の離着陸を見ることができましたが、その頃様子を、福岡空港内、および福岡空港周辺で撮影してみました。



今や貴重になった2機並び。鹿児島ではスポットの関係で
このようにきれいに並ばないそうだ。

街中にある空港らしく、こうした街の風景の中を飛ぶ姿も見られる。




これから高知に向けて出発するJA8766。滑走路をはさんで
反対側から撮影。

インターセクション(E4)からの離陸を選択。後ろをYS-11
より先に退役してしまったB747-146SR/SUD(JA8176)が通過。




看板が写りこむのは福岡の特徴でもある。

夜の出発便があるのも3月末まで。




高知からのフライトが福岡空港に戻ってきた。YS-11は遠くから
でも結構よく分かる。

誘導灯のかなり上を通過。福岡空港は誘導灯から滑走路までの間に
距離が結構あるので、高度がある。




誘導灯の上を通過するところを背後から。一連のショットは
1機のYS-11で撮影できる。

まるで伊丹の千里川の土手のような写真も撮影可能。YS-11でも
結構な迫力がある。




菜の花畑の上を通過するJA8768。




福岡空港RW16を離陸し、一路高知に向かうJA8717。この機体は
高知から夕方折り返してくる。

高知から折り返してきたJA8717は、今度は鹿児島へと帰るため、
再び福岡を離陸。




少しはやめにエアボーンした高知行きのJA8717。撮影している
場所によっても微妙な差が出る。

エアボーン後はすぐにギアを収納、高度を上げて消えて
行った。




RW16を離陸、エアボーンした瞬間を、空港周辺の高台から。

そのまま追い続けると、まるで空撮のような情景に。











メールを出されるかたはこちら

Copyright 2005-2006 GOODBYEYS-11.com. All rights reserved.