四国の空港


JACのYS-11は、西日本を中心にフライトをしていましたが、その中でも、四国は4県全ての空港に飛来実績があります。ここでは、四国4空港で撮影した、YS-11の様子を紹介します。



高知空港

朝、鹿児島を出発した機体が、福岡を経由して高知にやってくる。

RW32に着陸し、T4でタキシーウェイへ。




乗客と荷物を降ろし、次のフライトの準備中。

折り返し福岡行きの出発準備完了。




松山空港

松山空港RW14に着陸するYS-11、JA8788。

鰹節の看板が松山を物語る




福岡に向けてRW32をエアボーン

JA8788の運航最終日、松山にやってきた。




徳島空港

毎日1回、福岡からYS-11がやってくる空港。
夕方福岡から到着してナイトステイ、翌朝福岡に戻る
スケジュールが組まれている。

この2枚の写真は、2月まで運航された午後の
福岡折り返し便の到着。この便は徳島〜福岡〜徳島〜福岡と
飛んだ後、鹿児島に向かうスケジュールが組まれていた。




風の強い日のYS-11の運航は大変そうである。熟練ぞろいのYS-11の
パイロットにしたら珍しく、片輪着陸をしてしまったようだ。

徳島空港に着陸するとほっと一息。このまま翌朝の折り返し便まで徳島
にステイ。以前はこの機体が大阪に向かっていた。




YS-11が早く着いてしまったので、東京に向かうA300が出発できて
いなかった。管制官に手前で待つように指示されて、待機。

本日のフライトはこれで終了。乗客が降り、クルーが降りると、明日の
出発までYS-11はお休みである。この徳島ステイも2006年3月末まで。




翌朝、福岡に向かうYS-11。この日は1時間の出発遅れに
なってしまった。

上昇してギアを収納すると、この後は本四3大橋の上空を
飛んで福岡に向かう。




高松空港

定期便の乗り入れはなくなったが、多客期にサーブ340の
機材変更で飛来していた。さぬきこどもの国から離陸機を撮影したが、
ここにはANKのYS-11(JA8743)が保存されている。









メールを出されるかたはこちら

Copyright 2005-2006 GOODBYEYS-11.com. All rights reserved.